So-net無料ブログ作成

本物を見極めるポイント(3) [豆知識]

第三のポイントは経営者のメッセージです。

企業は人なりと言いますが、この人というのは小型企業においては経営者のことにほかなりません。

企業としての仕組みが出来上がっている大手においては、経営者の資質や行動が企業を危機に追い込むケースは余ほどのことがなければ考えられないことですが、小型企業においては経営者が会社そのものといってもよく、経営者の考えや行動が会社を成長させることがある一方で、窮地に追い込む可能性もあるのです。

このため、経営者の資質、経営理念が小型株を選別する場合の重要なポイントになります。

経営者がどのようなメッセージを発しているか注意する必要があります。

従来、機関投資家が小型株に投資する場合の判断基準として最も重視していたことは、足元の業績、競争力の有無、将来性の有無でした。

しかし、最近は経営者の資質・理念を知らないで投資することは問題があると考えています。

事業には成長期待があっても、経営の舵取り次第で成長チャンスを逃すこともあるとみているためです。

このため、経営者に直接面談してから投資判断する傾向にあります。

これは米国ではごく当然のこととなっています。

それだけに日常から経営者は企業戦略や、事業の成長性、強靭な競争力などを明確にメッセージする必要があります。

さらに市場が求めている課題に耳を傾け、それを吸い上げて経営に反映させていく経営の柔軟な姿勢が必要になります。

これが経営に対する信頼感を生み、先に触れた資金調達を容易にする武器にもなるのです。

こうした経営者の柔軟でガラス張りのスタンスが、事業を本格的な成長軌道に乗せる原動力になるわけです。

ところが、小型企業ほど、また問題がある経営者ほど、会社を私物化している傾向が残っています。

この点を注意深くチェックする必要があるのです。


プレミアム バンダイ


nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0